株式会社 竹内電化

普通アルマイト、硬質アルマイト、特殊アルマイト、金属・アルミ表面処理

 

株式会社 竹内電化
〒581-0053
大阪府八尾市竹渕東4丁目
45番地
TEL:06-6708-7781
FAX:06-6790-9550

 

営業品目
普通アルマイト
硬質アルマイト
特殊アルマイト
金属・アルミ表面処理
---タケデュカルとは?---
当社独自のアルミ表面処理・加工技術で、アルマイト層を超微細化し、さらに安定させた超硬質アルマイト皮膜です。アルミ製品の硬度・耐磨耗性・耐食性が大幅に向上し、ミクロン単位の膜厚コントロールが可能です。主に液晶・半導体製品に広く利用されています。

 

wa
製造業の企業価値向上ポータル

 

NC NETWORK
NCネットワークに登録しています。

 

竹内電化の特長

竹内電化の特長   ◆40年以上にわたりアルマイト処理一筋
◆アルミニウム表面処理分野における高度な技術開発力
◆精密部品から超大型製品まで表面処理が可能
◆最新の検査設備による、厳しい品質検査基準
◆アルミニウム部品の加工から表面処理まで対応可


竹内電化では創業より一貫してアルマイト処理に特化して、その技術開発に努めて参りました。
世界に通用する技術を誇り、特に超硬質アルマイト技術「タケデュカル」は国内外で高い評価を獲得しております。
アルミニウムの表面処理に関することでしたらどのようなご要望にもお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 

 

アルマイト処理とは?

アルマイト処理とは?

アルマイト処理とは、アルミニウムの表面を強制的に酸化させて、Al2O3の層(アルマイト層)を生成する処理です。メッキや塗装とは異なり、アルミニウム自体と一体化した層を生成しますので、耐久性に優れております。

 

 

タケデュカルとは?

タケデュカルとは?   タケデュカルとは、竹内電化が開発した技術で、アルマイト層の微細孔をさらに超微細化することによって従来のアルマイト層をさらに安定させた皮膜です。

タケデュカルにより、アルミニウム製品の硬度、耐摩耗性、耐食性などが向上し、またミクロン単位の膜厚コントロールが可能です。

 

◆タケデュカル皮膜と一般的アルマイト皮膜との比較◆
 
皮膜検査項目
普通アルマイト
硬質アルマイト
タケデュカル
(TD法)
タケデュカル
(TO法)
1.ビッカース硬度
Hv150
Hv350
Hv520
Hv430
2.キャス耐食試験(48時間)
RN9.0
RN9.3
RN9.8
RN9.8
3.表面粗さ
悪い
悪い
良い
非常に良い
4.絶縁破壊電圧 (皮膜厚さ30μm)
680V
950V
1220V
1580V

 

 

◆皮膜の種類◆
 
弊社皮膜記号
特徴
用途例
TA-L皮膜
表面の艶を抑え、滑り性に優れている 建材、工業製品一般、家庭用品等
TA0-L皮膜
表面の光沢を残した皮膜を得ることができる
TA-HW皮膜 高い耐食性を備え、衛生面に優れている 調理器具等
TA-HHW皮膜
陽極酸化皮膜上に半封孔処理を施すことで、アルミニウム表面の密着性を向上させている 金属基板、ラミネート等
TA-O皮膜
特殊加工により、塗膜の密着性を向上させている 塗装部品全般
TAM-DX皮膜
TAM-SW皮膜
表面の艶を消し、マットな質感に仕上がる 装飾用途部品等
TC-BA皮膜
TC-BU皮膜
TC-RE皮膜
TC-GO皮膜
カラーアルマイト
色褪せや摩擦による色落ちの少ない
アルミの着色(黒・青・赤・黄等)処理
装飾用途部品
光学部品等
TD-L10皮膜
TD-L30皮膜
TD-L50皮膜
タケデュカル・超硬質アルマイト
大物機械部品の処理
耐アルカリ性、耐酸性に優れている
ローラー、テープドラム
長尺シュート、ゴム金型
ボビン等
TO-SW皮膜
蓚酸アルマイト
小物真空装置部品(半導体)の処理で耐塩素性能を高めている
洗浄プレート、サセプター
上部電極装置、シャワープレート等
TN皮膜
ニッケルメッキ処理
スルファミン酸ニッケルメッキを使用することで、
他のニッケルメッキと比べ、内部応力が最も小さい
機能部品、半導体製造部品等